社員のマナーがダメだとおなやみの経営者の方、総務担当の方へ


東京で幼児教育の充実を図り事業展開を行う【一般社団法人橘流恕学アカデミー】では道徳について考えるプログラムを実施~幼児期から大切なマナー~ | 幼児教育は東京の【一般社団法人橘流恕学アカデミー】

東京で幼児教育の充実を図り事業展開を行う【一般社団法人橘流恕学アカデミー】では道徳について考えるプログラムを実施~幼児期から大切なマナー~ | 幼児教育は東京の【一般社団法人橘流恕学アカデミー】

東京で幼児教育をサポートする【一般社団法人橘流恕学アカデミー】では未来の地球を守るためのプログラムを展開~eラーニングの勉強・道徳・しつけ~

東京幼児教育eラーニングの勉強・道徳しつけ)に関するプログラムを展開している【一般社団法人橘流恕学アカデミー】では、未来の地球を守る教育を目指しており、「恕」をコンセプトに活動しています。

自分を認めて受け入れることによって、相手を認め受け入れられるよう(=恕の精神)、自分の頭で考えて身につけるプログラムです。将来、世界に羽ばたく子どもたち、その子どもたちを育てる大人の学びの場です。幼児教育についてお悩みの方は、東京にある【一般社団法人橘流恕学アカデミー】までご相談下さい。

「挨拶」は幼児期からマナーとして大切?

「挨拶」は幼児期からマナーとして大切?

子どもの元気な挨拶は気持ちが良く、周りを明るくしてくれます。幼児期の頃からきちんと挨拶できる子、あまり得意ではない子と様々ですが、成長してからの挨拶行為は恥ずかしさや照れが邪魔をして、なかなか身につきにくいものです。

そこで、挨拶が自然と身につく“しつけ”としておすすめなのが、「親が見本になって挨拶する」「挨拶できたらしっかり褒める」ということです。

朝の「おはよう」からスタートして就寝前の「おやすみ」まで、大人が見本を見せることで、子どもも自然と真似をするようになってきます。

ただ、子どもの性格上どうしても挨拶が苦手という子も多いです。戸惑っている場合は無理させずに少しずつ教え、挨拶できたときは大いに褒めるなど、子どもの心の成長に合わせた対応がポイントです。挨拶は人間関係を築く上でとても大切なコミュニケーション手段となりますので、幼児期から挨拶が自然と身につくように伝えてあげましょう。

東京で幼児教育・マナーを学ぶなら【一般社団法人橘流恕学アカデミー】

東京で幼児教育・マナーを学ぶなら【一般社団法人橘流恕学アカデミー】

東京で幼児教育・マナーを学ぶ際は、恕学を取り入れた教育を行う【一般社団法人橘流恕学アカデミー】へご連絡下さい。

営利目的ではなく、恕という目的や意図を皆様にお伝えしたく開始した事業です。幼児教育はもちろん、ビジネスや恋愛面、人生の物事にも活かすことができると考えています。

子どもから大人まで幅広い年齢層の方の“教育”サポートに携わっており、実際に利用したお客様からは「恕の精神で人生の価値観が変わった」という声も頂いています。

マンツーマンレッスンや講習、イベントなども行っておりますので、しつけやマナー、道徳に関する教育を考えたときは、お気軽にお問い合わせ下さい。

幼児教育は東京の【一般社団法人橘流恕学アカデミー】

名称 一般社団法人橘流恕学アカデミー
所在地 〒104-006
東京都中央区銀座4−13−16若月ビル2F
電話番号 080-3301-9725
ホームページ http://tachibanaryu.net/