社員のマナーがダメだとおなやみの経営者の方、総務担当の方へ


東京の接遇研修でビジネスやプライベートの様々なシーンで役立つマナーの講習を受けたいときは~現代にも受け継がれている“江戸しぐさ”~ | 東京で接遇研修をお考えなら【一般社団法人橘流恕学アカデミー】

東京の接遇研修でビジネスやプライベートの様々なシーンで役立つマナーの講習を受けたいときは~現代にも受け継がれている“江戸しぐさ”~ | 東京で接遇研修をお考えなら【一般社団法人橘流恕学アカデミー】

東京の接遇研修でマナーやビジネスを学ぶなら

東京の接遇研修でマナーやビジネスを学ぶなら

東京接遇研修マナービジネス)を受けようとお考えなら、孔子の教えである「恕(じょ)」の精神を根底に据え、思いやりや相手を受け入れる力、自分で考える力を養える【一般社団法人橘流恕学アカデミー】をご利用下さい。

子どもから大人までの学びの場となっている【一般社団法人橘流恕学アカデミー】の教育は、自国の文化を身につけた“真の国際人”の育成に寄与するものです。

ビジネスはもちろん、恋愛や人生の様々なシーンで活かすことのできる内容をお伝え致します。東京で接遇研修を受けたいとお考えでしたら、お気軽にご連絡下さい。

現代にも受け継がれる“江戸しぐさ”

江戸時代のマナーである“江戸しぐさ”は、現代にも多く受け継がれています。

束の間の付き合い

たとえ見ず知らずの相手でも、上手にコミュニケーションを図り、顔を合わせたら誰とでも挨拶するような一期一会を大切にする心がけが「束の間の付き合い」です。

傘かしげ

狭い幅の道で傘をさして人とすれ違うとき、お互いに会釈を行って少しだけ傘を倒す行為を「傘かしげ」と言います。相手を配慮するちょっとした心遣いです。

こぶし腰浮かせ

他者と何かを共有する際には、お互いに何かを譲り合うという考えから生まれたのが「こぶし腰浮かせ」です。狭い船や電車の中で、こぶし1つ分譲れば空き席ができるという教えです。

【一般社団法人橘流恕学アカデミー】では、この江戸しぐさに関する講習も行っています。ご興味がありましたら、ぜひご参加下さい。

接遇研修を東京でお考えなら、外国人に向けた和文化のセミナーも行っている【一般社団法人橘流恕学アカデミー】へ

接遇研修を東京でお考えなら、外国人に向けた和文化のセミナーも行っている【一般社団法人橘流恕学アカデミー】へ

接遇研修を東京で受けようとご検討中の方はいらっしゃいますか。日本人はもちろん、外国人に向けた和文化セミナーに興味をお持ちでしたら、【一般社団法人橘流恕学アカデミー】までお問い合わせ下さい。

ビジネス向けの研修、着付け・茶道のマンツーマン講座をはじめ、「江戸に学ぶしぐさ」の講習、「茶事体験」などを受けて頂けます。

東京で接遇研修を受けるなら【一般社団法人橘流恕学アカデミー】

名称 一般社団法人橘流恕学アカデミー
所在地 〒104-006
東京都中央区銀座4−13−16若月ビル2F
電話番号 080-3301-9725
ホームページ http://tachibanaryu.net/